« デリケートな乙女なのよ~ | トップページ | 至福のひととき »

2014年1月26日 (日)

わたちの写真は?

201401261

201401262201401263

201401264

201401265

201401266

今日はランチはバルロッサロッサに行きました。

食べるのに夢中になって、

小梅の写真を撮り忘れて

怒られました・・・



写真はこのざま?と、小梅にののしられましたが、

料理は、とても美味しかったです。

ごめんよ。

小梅・・・

↓お店で気配を消すほど大人しい
 小梅にポチっと、ヨロシクです!


にほんブログ村

|

« デリケートな乙女なのよ~ | トップページ | 至福のひととき »

ペット」カテゴリの記事

食事処」カテゴリの記事

コメント

小梅ちゃん・・・皮膚の具合はどうですか??
そんなに怒ったら、もっと赤くなっちゃいますよ!!笑
怒りすぎて、髪が乱れてるし~~
でもトマトのパスタ美味しそう。。♪♪
私トマトパスタ大好きなんです。
でもうちのパパさん、おそば大好き・・・
私の好きなパスタにはなかなかありつけません。。
ちゃーんとおりこうさんにいてくれて、小梅ちゃん
えらいなあ~~

投稿: モカママ | 2014年1月26日 (日) 23時57分

バルロッサロッサに行ったんですね~

あのお店は、ほんとにワンコOK?と思うくらい普通のお店ですよね。
それだけに、ワンコがギャン吠えしたら即退場しないと迷惑かもと思います。

いつも小梅ちゃんが、気配を消すくらい大人しくおりこうにしているおかげですねwink

小梅ちゃん、パパママを許してあげてね!

投稿: マーブルまま | 2014年1月27日 (月) 13時03分

>モカママさん

小梅の皮膚の具合は、ぼちぼちです。
カサブタになっているので、
このまま、掻き崩さなければ
治るはずなのですが・・despair

小梅が掻かないことを願う日々です。

そうなんです。
小梅は、怒ったら、すごいんです。
物にあたるクセが治りません・・・sign04sign05

トマトパスタ、美味しいですよねgood
東京はたくさん、パスタ屋さんとか
ありそうですけど、店があっても
パパさんと好みが合わないんですか・・・
残念ですねsad

モカ君!いよいよ、トリミングですかhairsalon
どんな風に仕上がるのか、楽しみですね~heart01

でもモカ君は、かなり憂鬱そうsweat01

投稿: 小梅ママ | 2014年1月27日 (月) 17時58分

>マーブルままさん

そうですよね~
バルロッサロッサって、ドッグカフェじゃないから
犬嫌いの人も、いると思うし・・・dogbomb

吠える子は無理ですよね。
小梅は、吠えないと思っているけど、
こればっかりは、何が起こるかわからないですもんねcoldsweats01

マーブルちゃんも、吠えない系でしょ?
おだやかそうですもんねwink

警固にある「trene(トレネ)」も、
ワンコOKだから、たまに利用します。

こちらも、ドッグカフェではないけど、
隣のテーブルとの間隔が広いので、
バルロッサロッサほど圧迫感はないですよ。

しかも、料理もオシャレ!
味付けも、わたし的には、かなりオイシイ!

もし、ワインとかお好きなら、
昼間から、飲み放題も出来るようですよ~wine

ランチの種類は少ないけど、
チョーおすすめですupup

投稿: 小梅ママ | 2014年1月27日 (月) 18時24分

トレネの2階のギャラリーは前に旦那の友人が写真展をしたので行きました。
1階は素通りで見ただけでしたが、美味しそうcafeとは思いましたhappy01

それにしても一般のお店でワンコOKのお店をよく知ってますねw(゚o゚)w
電話などで、事前確認をしてるのでしょうか?

キャリーINのままでもお断りのお店が多いので、貴重な情報、ありがとうございます(*^-^)

投稿: マーブルまま | 2014年1月27日 (月) 22時24分

>マーブルままさん

私の情報は、他の人のワンコブログなどを見て、
実際に行ってみて、いいと思ったところだけ、
教えたい人にだけ、お知らせしています。

トレネは、事前に電話した方が
いいようですtelephone

混みあっていたら、ワンコ同伴は断られる
ことがあるかも、です。

小梅パパは、「福岡わんにゃんファミリア」という
サイトを見たりして、情報を得ているようです。

トレネだと、きっとお近くですよね。
良かったら、ぜひsign03

投稿: 小梅ママ | 2014年1月28日 (火) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デリケートな乙女なのよ~ | トップページ | 至福のひととき »